当たる電話占い口コミランキング~電話占い口コミ調査隊

本当に当たる電話占いサイトを口コミで比較して、ランキングでまとめました。電話占いサイト別のオススメの先生も紹介しています。

電話占い 月の周期と方角を使って占う『宿曜占星術』

宿曜占星術

宿曜占星術(しゅくようせんせいじゅつ)とは、インドの占星術をベースに日本で作られた占星術です。

性格や潜在能力、日々の運勢などを幅広く占うことができますが、特に相性占いに関して的中率が高いと評判ですので、恋愛の相談に向いている占術と言えます。

月の状態によって人の性格や運勢を占う

月

宿曜占星術では、「白道」と呼ばれる月の周期(27.3日)を28個に分けた「二十八宿(しゅく)」と、東西南北を12の方角に分けた「十二宮(きゅう)」から、人の性質や吉凶などを占います。

二十七宿とする場合もありますが、ここでは、二十八宿を使う場合の説明をしていきます。

二十八宿は4つの方角に分類される

東西南北を「四神」と呼ばれる4つの獣神に当てはめる、「四神分類」という考え方があります。

四神分類では、東が「青龍(せいりゅう)」、西が「白虎(びゃっこ)」、南が「朱雀(すざく)」、北が「玄武(げんぶ)」となっています。

二十八宿はこのいずれかに属しており、それぞれの名前は以下のとおりです。

・東方青龍七宿…角(す)、亢(あみ)、底(とも)、房(そい)、心(なかご)、尾(あしたれ)、箕(み)
・北方玄武七宿…斗(ひつき)、牛(いなみ)、女(うるき)、虚(とみて)、危(うみやめ)、室(はつひ)、壁(やまめ)
・西方白虎七宿…奎(とかき)、婁(たたら)、胃(えきえ)、昴(すばる)、畢(あめふり)、觜(とろき)、参(からすき)
・南方朱雀七宿…井(ちちり)、鬼(たまほめ)、柳(ぬりこ)、星(ほとほり)、張(ちりこ)、翼(たすき)、軫(みつかけ)

それぞれの漢字の後にはすべて「宿」が付きますが、ここでは省略しています。

読み方については、日本の占いでよく使われる、訓読みを紹介しました。

二十八宿は、生年月日から割り出すことができます。

十二宮と7つの曜日の宿も合わせて占う

十二宮とは、東西南北をさらに12個の方角に分けたもので、羊宮、牛宮、夫妻宮、蟹宮、獅子宮、女宮、秤宮、蠍宮、弓宮、麿宮、瓶宮、魚宮、となっています。

これらに、日曜から月曜までの曜日を対応させた、安住宿、和善宿、悪害宿、急速宿、猛悪宿、軽躁宿、剛柔宿、の「七宿」を合わせ、人との相性などを占っていきます。

宿曜占星術は、太陽の状態から表面的、全体的な運勢を占う西洋占星術とは対照的に、人の内面や感情の動きを読み取っていく占術だと言われています。

この占術が相性占いに適しているのは、人間同士の相性を占うときには、内面的なものが大きく関係してくるためだと考えられています。

片思い中で、相手との相性が気になる人に向いている

片思い

片思いで悩んでいる人は、意中の相手と自分は釣り合っているのか、と考えることがあるでしょう。

もし付き合うことになった場合は、上手くやっていけるのか、ということも気になるところですね。

そんなときは、自分の心を整理する手助けとして、占いを利用してみるのもひとつの方法です。

2人の相性が良いという結果が出れば、告白に踏み切る後押しになるはずです。

宿曜占星術は、相性占いの的中率が高いと言われていますので、自分と相手の相性が気になって、なかなか行動に移せずにいる人にオススメの占術です。

プロの占い師に診断してもらえば、相性だけでなく行動するタイミングについてもアドバイスをもらえますので、電話占いにいる先生などを探して相談してみましょう。

月の状態と方角を細かく分けて、運勢や人間関係を占う宿曜占星術は、恋愛についての悩みを持つ人に人気の占いです。

もしあなたが、誰かとの相性を知りたいと思っているなら、その人の生年月日を調べて、占いの先生に診断を頼んでみてください。

近くに占いをしているところがなければ、電話占いにもこの占術を得意とする先生がいますので、利用してみてください。

clear

 - 電話占い 占術