当たる電話占い口コミランキング~電話占い口コミ調査隊

本当に当たる電話占いサイトを口コミで比較して、ランキングでまとめました。電話占いサイト別のオススメの先生も紹介しています。

電話占いで鑑定可能!名前の画数から運勢を占う『姓名判断』

公開日:2016/10/10

姓名判断

姓名判断は、名前からその人の性格や運勢を占う占術で、日本ではとてもメジャーなものです。

自分自身のことを占ってもらうだけでなく、赤ちゃんの名前を考えるときにも利用されています。

子供が生まれる予定のある夫婦や、自分の性格などを知りたい人におすすめの占いです。

「五運」から全体的な運勢を占う

五運

姓名判断にはいくつか流派がありますが、人の姓名の画数から「五運」と呼ばれる5つの格数を算出し、それらに与えられた伝統的な解釈をもとに、運勢を占っていく方法が主流となっています。

占い師によって解釈の仕方は微妙に異なってきますが、ここでは五運の種類と意味の一例を紹介します。

総格

姓(名字)と名(下の名前)の画数の合計のことで、人生を歩むにつれて色濃くなってゆき、晩年の人生に大きく影響すると言われています。

天格(祖格)

姓の総画数のことで、祖先運を表しており、歳をとるほど影響が強くなってくると考えられています。

結婚して名字が変われば、当然天格は変わりますので、これにともなって総格も変化します。

地格

名の画数の合計のことで、その人の性格を表します。幼少期からの成長過程に強く影響するので、性格形成、適職、金運などに深く関わります。

人格(主格)

姓の最後の1文字と、名の最初の1文字目の画数を足したもの。

名前の真ん中の2文字を使うことから、五運の中核とみなされます。

中年期の運勢に関わるもので、人の内面を表していると考えられます。人格が吉数の場合は、前向きになれる、積極的に人と関わることができる、といった良い傾向が現れ、凶数であれば、マイナス思考になりがち、自信を持てない、といった悪い傾向が現れるとされています。

外格

総画から人格を引いた数のことで、家族や職場などの外的要素の運勢を表します。

姓や名が1文字の場合は、調整のために使われる、「霊数」という数字を足して計算する方法が一般的です。

外格が吉数の人は、良い人間関係に恵まれると考えられています。

この5つの格数が、吉数であるか凶数であるかによって、その人の運勢が決まると言われています。

基本的に奇数が吉、偶数が凶、と考えていいでしょう。

他には、姓名を発音したときの音を五行(中国の占術的思想)に当てはめる方法なども使い、総合的に鑑定する流派もあります。

子供を幸せにする名付け方

子供を幸せにする名付け方

子供ができると、育てる環境の準備など、すべきことがたくさん出てきます。

その中でも、赤ちゃんの名前を決めることは、親の重要な仕事です。名前は、その子が一生背負っていくものですので、幸せな人生を送ってもらえるよう、良い名前を付けてあげましょう。

子供が将来不自由しないような名前にする

生まれてくる子供に期待をするのは、親として当然のことですが、その期待を押し付けるような名付けは、あまりおすすめできません。

漢字を使うなら、自分たちしか意味が分からないような当て字よりも、誰にでも読めて、意味が理解できる漢字を選んだ方が、周りの人からも愛される子供になるでしょう。

その子が就職するときなどに、親の教養を疑われて不利になったりしないよう、正しい漢字を使うことも重要です。

姓名判断を利用して良い名前を見つける

子供に付けたい名前が決まっていない場合、姓名判断で名前を決めるのもひとつの手です。

名付ける前にあらかじめ診断してもらっておけば、子供が大きくなってから、画数が悪いという理由で改名してしまうということもないでしょう。

ネット上にも簡易な姓名判断のページはありますが、生まれてくる子のためにしっかり鑑定してほしいという人は、電話占いなどにいる姓名判断の先生に相談してみてください。

姓名から人の内面や運勢などを占うこの占術は、名付ける際の手助けになります。

出産を控えている人は、外出するのが大変でしょうから、電話占いが便利でいいかもしれません。

 - 電話占い 占術